トップページ >> サラ金とは消費者金融のこと

サラ金とは消費者金融のこと

金曜日, 3月 31st, 2017 | kazu | 未分類

サラ金とはサラリーマン金融のことで、現在では消費者金融と呼ばれることが多いです。サラ金を利用できるのは会社員や主婦などの個人です。銀行で受けられる融資と比べるとサラ金の方が手続きが簡単で、安定した収入を証明できれば担保や連帯保証人を用意する必要もありません。たくさんのお金を借りることは難しく、多くて500万円くらいです。しかしサラ金は貸金業法の総量規制を守らなければならないので、年収の3分の1を超えたお金を貸すことができません。よって年収の低い人は上限がさらに引き下げられています。(サラ金の比較サイト

サラ金でお金を借りると、信用情報に記録されるので返済期限に遅れないように注意します。返済が遅れたり返済しなかったりすると、事故情報として金融機関で共有されます。全国銀行個人情報センターと日本信用情報機構、CICの3社は連携して情報を提供し合っているため、サラ金における事故情報は銀行にも知られることになります。将来住宅ローンを組みたい時に過去の事故情報により融資を断られる可能性が高いので、必要なお金だけ借りて計画的に返済することが大切です。返済期限になっても入金が確認できない場合、業者は後日電話を掛けます。電話を無視し続けると督促状が郵送されて、業者が自宅を訪問することもあります。サラ金は闇金とは違うので、威圧的な態度で返済を要求したり身の危険を感じさせるような取り立てをしたりすることはありません。しかし返済しなければ信用情報に傷が付くだけでなく、裁判所が入って法的な制裁を受けることになります。裁判所の判断で仮執行宣言付支払督促申立書が郵送されると、14日以内に給料の4分の1が差し押さえになります。事情により返済できないと分かっているならば、早めに弁護士に相談すると差し押さえを防ぐことができます。また業者も返済を確実に行ってもらうために、返済シミュレーションを用意するなど対策しているのでサラ金を利用する前に返済できるか確認すると良いです。